東京都八王子市「まる重」の特製ラーメン。次郎なんて敵じゃない。これが本当のにんにくマシマシ。

東京都八王子市「まる重」の特製ラーメン。次郎なんて敵じゃない。これが本当のにんにくマシマシ。

【店名】
らーめん・まる重
【所在地】
東京都八王子市

【性別】男性
【年齢】23歳
【職業】社会人


【お店を知ったきっかけ】
会社の先輩社員の紹介にてこの店を知りました。
ニンニクが強いラーメンが好きであることを伝えたら、この店が一番強いとおすすめされ、仕事帰りに入店。

【誰と行ったか】
先輩社員と2人で行きました。




【お店の雰囲気】
多摩ニュータウン通りに店舗があります。
(東京都八王子市南大沢1丁目22ー4)
駐車場は店舗前に2台。
入り口が狭く止めにくいです。
おすすめは近くのパチンコ屋に止めることです。
席数はカウンター13席。
支払い方法は現金のみ。
食券を購入。
水はセルフサービス。
外観は朱色の看板が光っており、ピザ屋と塾に挟まれている。
年齢層は比較的若く、20〜30代が多い感じです。

【注文したもの】
特製ラーメンを注文。




【感想】
とにかく、ニンニクと背油の濃厚なハーモニーが絶妙です。
濃厚なスープに、丁寧に作られたチャーシューが4枚。
さらに味玉と海苔がトッピングされています。
(特製ラーメン)
麺は細麺で、濃厚なスープとの相性が抜群。
1口目のスープは、今まで食べてきたラーメンに味がなかったと思わせるような、衝撃があります。
麺の硬さ・味の濃さ・ニンニクの量が選択可能。
※ニンニク「ふつう」「多め」の差がかなり大きく、ニンニク多めにするとかなりの量のニンニクが入ってきます。
次の日は休みにした方がいいです。
スープがかなり濃厚であるため、替え玉(100円)は必須。
ライスも注文できるが、替え玉の方がおすすめです。
疲れた時に食べたくなりますが、食べ終わると少し胃もたれがするので注意。




【他のメニューやトッピングなど】
卓上の調味料には、ニンニクといりごま、豆板醤とカラメなどがありました。
瓶ビールも注文できます。
おすすめは、いりごまをトッピングして食すことです。
また、味を変える場合は特上のニンニクを2欠片投入することがおすすめです。
世界が変わります。




【エピソード】
特性ラーメン+替え玉1+ニンニク2欠片
翌日出社した際、エレベーター内がニンニクにお臭さで地獄になりました。
ここのラーメンを食べた後に、他のラーメンを食べると味がしません。
スープを飲み干した友達は次の日、下痢になっていたのでお腹の強さに自信がある人しかおすすめできません。
彼女といったことはありませんが、ここのラーメンを食べた後の営みには注意が必要です。




【知人の評判】
評価は両極端です。
「こんなものはラーメンではない」などの評価と「ここのラーメン以外は物足りなく、満足できない」といった評価に分かれます。
特にニンニク、豚骨系ラーメンが好きな人からは悪い評価を聞いたことがありません。




【他との比較】
南大沢付近のラーメン屋には、「野猿次郎」「にんにくや」「田田」といった、ニンニク系ラーメンが存在しますが、スープの濃厚でいったら、他のラ追随を許さないといっても過言ではありません。
ニンニクと背油のコンビネーションには上品さは全くありませんが、破壊力がありすぎで逆に美しく感じる」でしょう。
カップラーメンなど足元にも及びません。




【価格と満足度】
料金は特製ラーメン1050円と替え玉100円の計1150円」です。
満足度はかなり高いです。
二度と行かないという気持ちになりますが、3日後には足をは運びたくなる中毒性があります。




【期待すること】
特製ラーメンの値段設定が1050円である為、おつりが面倒な時があります。
なので1000円じゃ1100円に設定していただきたいです。
場所が駅から少し離れており、アクセスが不便に感じることがあります。
近くに駐車場を増やしてほしいです。
他の場所にも出店していただき、このラーメンの素晴らしさを東京都内に広めていっていただきたいです。



ニンニクと背油、濃厚なスープに、分厚いチャーシュー。
あなたは何を想像しますか。
次郎が足元にも及ばない、濃厚で衝撃的なラーメンを知っていますか。
ここのラーメンを食べるとあなたの世界観が変わります。
失うものもありますが、新しい扉を開くことが出来ます。
一緒に「まる重」という名の破壊の扉を開けて、新しい世界を創造しましょう。

らーめん・まる重
東京都八王子市
(男性・23歳・社会人)
【まとめ】
東京都八王子市「まる重」の特製ラーメン。次郎なんて敵じゃない。これが本当のにんにくマシマシ。